おにーくんってはたして最低の塵芥だね

自身には次女がいるんだが、奥様○ライブになってからは髪を金色に染め、必ずや遊んでいる感じの女の子になってしまった。
けど身体はドスケベくなり、ふくらんできた頭や少ないスカートを見ては、自身は四六時中股間を膨らませていた。今日も人のホールに忍び込み、ピンクのズボンを拝借し、自分自分のホールでオ○ニーしていたんだが……。
「再び勘弁してくれ……」
「え、なに?聞こえないんだけどー。やっですなー、おにーくん。勘弁やるのはミキの側だよぉ?」
ち、畜生。此奴、自身がズボンを盗む事を知ってたんだ。だから自身を見張って……糞!
そう、自身はオナ○ーやるとこを見つかり、最近、こちらの正面で土下座させられていらっしゃる。
「やですなぁ。次女のズボンでオナ○ーなんてしちゃって。しかも何?まだまだおちん○ん膨らませてー。おにーくんって最低の塵芥だね」
ぐ。何もいえねえ。
だが次女は、ミキは自身の勃起した股間を足蹴にし始めた。
「ぐ、や、やめてくれ。申し込む」
「え?聞こえなーい。ほらほらー、ミキの足でも捉えちゃう定義?マニア―」
糞!言いたい放題しやがって!こんなわが儘な次女、犯してやる!!
媒体作品の筆者はリリックボックスちゃん。只今、DMMにてデリバリー当事者のアダルトコミックスだ。
非常に安価でよむ事柄の望める作品で、全編全部カラーの良作だ。
争点は【どSな次女になじられながらエッチしまくる】という製品。
Sっ気持ちたっぷりのブロンドヘアー女の子な次女。冠往来、兄に罵声を吹き付ける位の勝気な少女。
でもこんな亭主、スカートの下のピンクズボンを見せてきたり、兄とエッチする事はまんざら嫌でもないドラフト?
コメントはいたってシンプル。次女のズボンを盗んでオナ○ーしていた兄ですが、次女に見つかってしまい、罵声を浴びせられながら足コキされてしまい、しかも兄は我慢出来なくなって次女の処女を奪ってしまい、そこからエッチな間柄に~という製品。
リリックボックスといえば『小生意気な後輩がイクまで怒鳴るのを閉めない』や『お兄ちゃんのなかばは要望でできている』で有名な部類ちゃん。とはいえ最近作品の図形はぜところらんちゃんで、それらの作品とは図形が違う。
ですが和姦、強姦、逆レイ○という別格の場面三つ全部を含有し、しかもそれが全部次女が目標というのがエラい。女の子な次女とエッチしたい、女の子が歓迎!そんなお客にお勧め!
一度、試用を見てみて下さい!後悔しない品質だ!
引越し 見積もり